がん保険と診断給付金

医療保険の中でもがんだけに特化し、がんによる診断・入院・手術・死亡を保障してくれる保険ががん保険です。

医療保険との大きな違いは保険会社にもよりますが、診断給付金といってがんと診断された時点で一時金として給付金がもらえるタイプのものがあることです。
これからがんの治療をしていくというときに先立つお金がないと不安も増えると思いますが、その不安もがん保険に加入していると軽減できます。

さらに最近では、医療の進歩により入院しなくても通院でがんの治療が受けられるようになっていたり、日帰りで手術が受けられたりします。
入院しなくていいというのは本人への負担が減るメリットもありますが、医療保険では保障の対象外となってしまうことがあるため給付金が受けられません。

がん保険の診断給付金はがんと診断された時点でもらえる一時金になるので、入院や手術をしなくてももらえる給付金はとてもありがたいものになると思います。
また、先進医療による治療を受ける場合や、長期にわたって抗がん剤を投与する場合など、がんと闘うには高額な治療費が必要になってきます。

今では身近な病気の一つとなっているがんに、もしもかかってしまったときでも安心して治療に専念できる環境を今から作るためにも、がん保険をうまく活用していきたいですね。キレイモキャンペーン