がん保険は何故必要なのか

現在、日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんが原因でなくなっているといわれています。

がんにかかると手術や入院だけでなく、抗がん剤による長期の治療や莫大な治療費がかかってきます。
そこで必要になってくるのががん保険です。

この保険はがんに特化した保険で、がんと診断されたときやがんで入院したり手術を受けたとき、あるいは死亡した時に一時金や給付金がもらえる保険になっています。

医療保険では手術や入院をしないと給付金がもらえなかったり、入院をしても一入院での対象日数が限られていたりしますが、がん保険はがんと診断された時点で一時金がもらえるタイプのものがあったり、がんでの入院には日数の上限がないのが特徴です。
また抗がん剤治療を行うと長期で治療しなければならないため仕事も休む等しなければならないため収入も減少してしまいますが、がん保険に入っていればその負担を補って治療に専念できるというメリットがあります。

ただし、がん保険はがんにのみ特化した保険であるため、がん以外の病気の時は意味がありません。
またがん保険には保険加入直後にがんと診断されても契約してから90日以内だと無効となってしまうがん保険特有の待期期間があるので、健康なうちにがん保険に加入されることをお勧めします。キレイモキャンペーン